【お知らせ】「ポケトーク」シリーズに 画像翻訳機能がついた新モデル「ポケトークSicon」登場!従来の「ポケトークW」と性能を比較した記事はコチラ

【レビュー】翻訳機「ポケトークS」を使用した感想と気になった点

こんにちは、翻訳機番長・高田(@HonyakuTakada)です。

翻訳機「ポケトーク」シリーズの新型モデル(第3世代)が登場しました。 その名も「ポケトーク S(POCKETALK S)icon」。

前モデル「ポケトークW」の上位機で、音声翻訳だけでなく 内臓カメラで撮影した文字の「画像翻訳」機能まで備えた優れモノ。

早速 購入して使用してみましたので、使い勝手と個人的に気になった点などをまとめてみようと思います。※結論だけ知りたい方はコチラ(ページ下部に飛びます)

「ポケトークS」の基本情報

届いたポケトークSの様子

公式発売日は12月6日でしたが、予約注文の分は前日の5日に到着しました。

基本スペック

※表内で使われている言葉が分からない方はこちらの記事をお読みください

名称 ポケトーク S(Pocketalk s)
iconicon
価格
(税抜)
グローバル通信2年付:29,800円
クローバル通信なし:24,800円
主な機能 音声翻訳、画像翻訳、英会話学習機能、フレーズのお気に入り登録、ポケトークセンター、翻訳結果のローカル再生、現地単位変換、現地時刻表示、メダル獲得、eSIM内臓
音声翻訳 55言語(※1)
画像翻訳 55言語
本体サイズ 幅:53.8mm/厚み:11.5mm/高さ:91.6mm
重量 75g
液晶画面 2.8インチ:640×480 px
※タッチパネル
スピーカ/マイク 1.5Wスピーカ× 2 / ノイズキャンセリング機能搭載デュアルマイク
バッテリー
(充電端子)
1200mAh(USB Type-C)
充電時間 約105分
使用可能時間 連続待受時間:約60時間
連続翻訳時間:約270分
内蔵eSIM グローバル通信2年付き:133の国と地域で使えるPOCKETALK専用eSIM内蔵
グローバル通信なし:非搭載
SIMカード スロット ■3G [W-CDMA] 1/2/5/6/19
■4G [FDD-LTE] 1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28b [TD-LTE] 38/39/40
Wi-Fi対応周波数 IEEE802.11a/b/g/n 2.4GHz:1~11ch 5GHz:5.2GHz(W52)、5.3GHz(W53)、5.6GHz(W56)
ホワイト/ブラック/ゴールド /レッド/メタルグレー※2/メタルグリーン※2/ドラえもんEdition
備考 Bluetooth 4.2、GPS搭載、ACアダプターが同梱される

※1:音声翻訳の対応言語は、音声&テキスト出力に対応した言語が55言語となっている。 他に テキストのみ出力(音声の出力がない)の対応言語が19ある。

※2:メタルグレー/メタルグリーンは ソースネクスト公式ストアのみの限定カラーですicon

関連記事 ポケトークSの基本機能や特徴に関して詳しくは↓こちらの記事をお読みください。

翻訳機「ポケトークS」の基本性能と特徴についてのまとめ

2019年11月18日

内容物

「ポケトークS」の同梱物はこんな感じ。

「ポケトークS」に付属するもの
  • 冊子(説明書、スタートガイド、ユーザー登録カードなど)
  • ポケトークS 本体
  • USB充電器
  • USBケーブル ※本体側:Type-C/給電側:Type-A

前モデル(ポケトークW)までは付属しなかった「USB充電器(ACアダプター)」が付属するようになりました。

「なんで入ってないんだ!」という声が大きかったんでしょうか?

外観

「ポケトークS」正面はこんな感じです。

ポケトークS:正面

液晶画面のサイズは2.8インチ(640×480 px)。 翻訳時に押す物理ボタンは1個になっています。

本体 右側面に「電源ボタン」と「音量調整ボタン」。本体 左側面にはSIM用スロットがあります。

ポケトークS:左右の側面
MEMO

購入時に「グローバル通信2年付」を選択した場合は、SIM(eSIM)が本体内に内臓されているため SIMスロット内は空の状態になっています。

本体 上部にスピーカー&マイク。 本体 底面に充電用のUSB端子と、ネックストラップ用の穴、またマイクがあります。

ポケトークS:上部と下部

裏面はこんな感じ。

ポケトークS:裏面

裏面上部にカメラとフラッシュがあります。

「音声翻訳」をしてみた

ポケトークS:音声翻訳の様子

というわけで、まずは「ポケトーク S」を使って音声翻訳をしてみました。※音声翻訳の操作方法の紹介はコチラ

音声翻訳の精度は?

「ポケトークS」を使用して以下の文章を日本語から英語に音声翻訳させてみました。

  1. 空港までの道のりを教えてください
  2. 私は辛いものが苦手なんですが、おすすめのメニューはありますか?
  3. とてもお腹が痛いので、救急車を呼んでもらえませんか?
  4. ここは中野ブロードウェイです。漫画やおもちゃなどのお店がたくさんあります。日本を代表するオタク文化の聖地のひとつです。
  5. この会社では20人以上の海外スタッフが働いています。皆さん優しい方で 楽しい職場です。出勤時間に遅れる時には必ずリーダーに電話をしてください。

 
実際の翻訳結果をみていきましょう。

(1) 空港までの道のりを教えてください

翻訳結果画面:1

ポケトーク S 英訳 Please tell me the way to the airport
管理人感想 特に問題なく英訳できています

(2) 私は辛いものが苦手なんですが おすすめのメニューはありますか?

翻訳結果画面:2

ポケトーク S 英訳 I’m not good at spicy foods. Is there a recommended menu?
管理人感想 特に問題なく英訳できています。「苦手なんですが・・・」という口語表現でもも問題なく音声認識&翻訳できました

(3) とてもお腹が痛いので、救急車を呼んでもらえませんか?

翻訳結果画面:3

ポケトーク S 英訳 Can you call me an ambulance because I have a stomachache?
管理人感想 特に問題なく英訳できています

(4)ここは中野ブロードウェイです。漫画やおもちゃなどのお店がたくさんあります。日本を代表するオタク文化の聖地のひとつです

翻訳結果画面:4

ポケトーク S 英訳 This is Nakano Broadway. There are lots of shops for comics and toys. It is one of the sacred places of otaku culture that represents Japan.
管理人感想 特に問題なく英訳できています。長文もしっかり翻訳できています。

(5) この会社では20人以上の海外スタッフが働いています。皆さん優しい方で 楽しい職場です。出勤時間に遅れる時には必ずリーダーに電話をしてください。

翻訳結果画面:5

ポケトーク S 英訳 This company has more than 20 overseas staff. Everyone is a friendly and fun workplace. When you are late for work, be sure to call the leader.
管理人感想 特に問題なく英訳できています。こちらも長文にも関わらずしっかり翻訳できています。

「音声」翻訳をしてみた感想

いずれも問題なく英訳できており、日常的な会話程度であれば十分に使用できそうです。

音声翻訳に関しては、定評があった前モデル(ポケトークW)と同じエンジンを採用しているため、高精度な長文翻訳に対応。 全体的になかなかいい感じです。

「画像翻訳」をしてみた

画像翻訳の様子

続いて「ポケトーク S」の目玉機能の一つである、画像翻訳も試してみました。※画像翻訳の操作方法の紹介はコチラ

画像翻訳の精度は?

画像翻訳の精度を検証するために、以下の4枚の画像を内臓カメラで撮影し 翻訳してみました。

検証時に用いたサンプル画像

※画像内のテキストは以下の通り。

  1. This is a dead end! (この先行き止まり)
  2. This restaurant’s top recommendation(当レストランのおすすめ)
  3. This restaurant’s top recommendation(当レストランのおすすめ)※画像に文字が被るタイプ
  4. Holmes was certainly not a difficult man to live with. He was quiet in his ways, and his habits were regular. It was rare for him to be up after ten at night, and he had invariably breakfasted and gone out before I rose in the morning. (確かに ホームズは 一緒に暮らすのが難しい男ではなかった。彼はもの静かで、生活習慣は規則正しいものだった。彼が夜10時以降に起きていることはめったになく、私が起きる前に いつも朝食を終えて出かけていた)

 
実際の翻訳結果をみていきましょう。

1. This is a dead end!

画像翻訳結果:1

管理人感想 画像認識・翻訳とも問題ありません

2. This restaurant’s top recommendation
画像翻訳結果:2

管理人感想 画像認識・翻訳とも問題ありません

3. This restaurant’s top recommendation ※文字が画像被り

画像翻訳結果:3

管理人感想 画像の上に文字が乗っているパターンです。 このように文字と背景画像が重なってしまうと誤認識する翻訳機も多いのですが、ポケトークSは問題なく読み取り&翻訳ができています。これはすごい!

4. Holmes was certainly ~

画像翻訳結果:4

管理人感想 改行の多い長文です。画像認識(文字の読み込み)は問題なかったようですが、翻訳時に一部がニュアンスが異なる感じになってしまいました。 正)夜10時以降に起きていることはめったになく・・・/ 誤)夜10時に起きてしまうことはめったになく

「画像」翻訳をしてみた感想

これまでも「画像翻訳」機能を持った翻訳機は多数発売されていきましたが、正直いって画像認識の精度が微妙なものがほとんどで、使用できる場面が限定されていました。

一方 この「ポケトークS」は「画像上の文字」や「改行の多い長文」にもしっかり対応できており 精度も上々。

ようやく "使い物になる"画像翻訳モデルが登場したな、という感じですね。

「ポケトーク S」の感想

翻訳に関する機能以外の部分で「ポケトーク S」の良かった点、気になった点をまとめてみました。

良かった点

小さく軽いので携帯性GOOD!

「ポケトーク S」の本体サイズは「幅:53.8mm/厚み:11.5mm/高さ:91.6mm」で、重量は75g。

手に取った瞬間 思わず「軽っ!小さっ!」と声を上げてしまいました。

ポケトークSのサイズ

「名刺」とほぼ同じ大きさということで、試しに 名刺入れにいれてみたところ・・・

名刺に入れてみた際の画像

スッポリと収まりました!

荷物がかさばりがちな海外旅行の際にも、カバンの隙間にポンと入れ込めるサイズ感は いいですね。

UIがシンプルで操作が簡単!

ポケトークS:正面画像

一般的に翻訳機は、機能が増えるにつれて 操作が複雑になり、使いづらくなりがちです。

しかし「ポケトークS」は、とにかく操作画面の構成(UI)がシンプル!

メイン機能を「音声翻訳」と「画像翻訳」に絞っていることもあるのでしょうが、初めてでも迷うことなく直感的な操作が可能でした。

特に便利だったのが、操作ボタンのショートカット。こちらを設定しておけば画像翻訳などのよく使う機能をホーム画面上からすぐに呼び出すことができます。

ポケトークS:ショートカット機能

これなら 機械オンチな私の妻にも安心して持たせることができます。

初代モデルの、あの地獄のような使いづらさを知る人間としては「進化したな~」と感慨深いものがありますが・・・

eSIM内臓で 初期設定が楽チン!

前モデル(ポケトークW)から引き続き、「ポケトーク S」には あらかじめ本体内にSIMが内蔵するモデル(グローバル通信2年付)iconが用意されています。

created by Rinker
POCKETALK(ポケトーク)
¥29,700 (2020/04/06 20:56:00時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのモデルを購入すれば、面倒なSIMの初期設定が必要なく、購入後に電源を入れるだけで 自動でSIMが使えるようになります。

しかも、購入額に2年分の通信費が含まれる仕様のため、別途 通信費が発生することもありません。

「SIMって何?」と いう方には、間違いなくこの「ポケトーク S」がおすすめです。

MEMO

ポケトーク専用グローバルSIMが利用できる国と地域はコチラで確認できます

気になった点

オフライン翻訳に対応して欲しかった・・・

前モデルから引き続き「ポケトーク S」には、オフライン翻訳機能が搭載されませんでした。これは残念!

「オフライン翻訳」とは、本体内に翻訳エンジンを搭載することで、通信環境が無い場所でも翻訳を可能にする仕組みです。

「対応言語が限定される」「翻訳精度が落ちる」といったデメリットがあるため 搭載を見送ったものと思いますが、観光地が離島や山間部といった電波が届かない僻地にあるケースも多いので、いつか搭載してほしいですね~。

バッテリーの持ちが短い・・・

「ポケトーク S」は、前モデルの「ポケトークW」と比較すると、本体が小さくなったにも関わらず 画面サイズがUPしています。

ポケトークSとWを比較

そのため、持ち運びやすく 操作が快適になった反面、バッテリー容量が少なくなってしまいました。

バッテリーの持ち時間を、「ポケトークW」と比較すると↓こんな感じになります。

POCKETALK S
ポケトークS:
POCKETALK W
ポケトークW:
バッテリー 1200mAh 2200mAh
連続待受時間 約60時間 約240時間
連続翻訳時間 約270分 約420分

使用日数や用途によっては、これじゃちょっと物足りないな~というケースもあるかも知れません。

まとめ

というわけで「ポケトークS」を使用した感想でした。

感想をザックリとまとめると・・・
  • 高精度な翻訳機能を備えながら 名刺大の本体サイズで持ち運びが苦にならないのが とにかくうれしい!
  • 画像翻訳機能に関して、お飾り程度のクオリティしかない競合機が多い中 非常に優秀で 翻訳機のなかではトップクラス!
  • eSMI内臓モデルがラインナップされているなど、これまでの「ポケトーク」シリーズ同様、初心者にも使いやすい仕様になっているのも〇(マル)

あとは、もうちょっと価格が安くなってくれるとうれしいんですけどね~

MEMO

前モデル「ポケトークW」が1万円ちかく価格を下げて販売継続しているので、「画像翻訳」「英会話レッスン機能」が必要でない方には「ポケトークW」もおすすめです。icon

「ポケトークS」を購入する

「ポケトークS」は↓こちらから購入できます。

created by Rinker
POCKETALK(ポケトーク)
¥29,700 (2020/04/06 20:56:00時点 Amazon調べ-詳細)

※公式ストア限定カラー「メタルグレー/メタルグリーン」はこちらで購入できますicon

従来モデルの扱いについて

3代目モデルとなる「ポケトークS」の登場によって、従来のモデルは以下のような扱いになりました。

2代目モデル(ポケトークW):価格を下げて販売継続

2代目モデルのポケトークWは、価格を29,880円→19,800円に大幅値下げして 販売を継続しています。 ※管理人のレビューはコチラ

created by Rinker
POCKETALK(ポケトーク)
¥19,800 (2020/04/06 11:27:55時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事 ポケトークWとポケトークSの機能・性能の違いについてはコチラの記事をお読みください。

翻訳機「ポケトークS」と「ポケトークW」の違いは? 機能や性能を比較してみた

2019年11月7日

初代モデル:販売終了

2019年11月をもって初代モデルの販売は終了しました。在庫がなくなり次第販売完了となる模様です。

created by Rinker
ソースネクスト
¥10,000 (2020/04/06 12:54:31時点 Amazon調べ-詳細)

今後中古市場などに出回る可能性もありますが、操作性が著しく悪いので個人的にはおすすめしません  ※管理人のレビューはコチラ

ポケトークをレンタルする

「たまにしか海外にいかないのに3万円も払えないよ~」とお考えの方には、ポケトークのレンタルがおすすめです。

単体でレンタルする!

ポケトークWを単体でレンタルしたい方は「TripFever」がおすすめ。128の国と地域で使用できる専用グローバルSIMが付属して「2日:1980円~」でレンタル可能です。

ポケットWi-Fiと一緒にレンタルする!

海外旅行向けのWi-Fiレンタルサービス「グローバルWiFi」では、オプションとしてポケトークをレンタルすることができます。レンタル料金は「800円/日(税抜)」。

関連記事 「翻訳機がレンタルできるサービスのまとめ【2019年版】」もどうぞ!

関連する記事

ポケトーク関連の記事をいくつか書いています。そちらも合わせてお読みください。

そのほかいくつかの翻訳機のレビュー記事を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です