【お知らせ】「ポケトーク」シリーズに 画像翻訳機能がついた新モデル「ポケトークSicon」登場!従来の「ポケトークW」と性能を比較した記事はコチラ

ポケトークの専用カバーは絶対に買うべき! その2つの大事な理由

お知らせ ポケトーク(初代モデル)は 2019年11月をもって 公式ストアでの販売を終了しています。現在は 第2世代モデル「ポケトーク W」と第3世代モデル「ポケトーク S」の2機種が発売中です。

この記事ではポケトーク(初代モデル)の専用カバーケースについて まとめています。

はじめに

注意

この記事で紹介しているのは「ポケトーク(初代モデル)」に対応したケースになります。第2世代モデル「ポケトーク W」や第3世代モデル「ポケトーク S」とは形状が異なりますのでご注意ください!

日本語から外国語へ、またその逆に 外国語から日本語へと「双方向」の翻訳が可能な専用デバイス「ポケトーク」。

当ブログでもたびたび取り上げてきましたが、この度、従来は黒のみだった専用カバーケースに全5色のカラー・バリエーションが追加されました。

ただ、当ブログには「そもそもカバーケースって必要ですか?」といったコメントが寄せられることも多々あり、シリコンケースの必要性をあまり感じていない方も多いようです。

実際のところ、どうなのか記事にまとめてみようと思います。

シリコンケースが必要な2つの理由

まず、結論から言いますと、ポケトークを購入する際には、カバーケースも一緒に買っておいた方がいいです。

なぜか? 大きな 理由は2つ。

(1)カバーケースをつけとけば、落しても安心

ポケトークの場合、丸っこくて表面がスベスベしているので、使用時にうっかり落してしまう可能性が結構あります。

まあ、よっぽどの落とし方をしない限り 本体が割れるまでのことはないと思いますが、表面に傷がついたりすると、モチベーション的に萎えますよね。結構な値段するものですから。

まあ、この理由だけであれば、わざわざ専用ケース買うまでもないか…という方も多いと思いますが、大事なポイントがもうひとつ。

(2) ネックストラップがつけられるようになる

コレ 地味に大事です。

ポケトークって、その名の通りポケットにも入れておけるくらい小さい端末ではありますが、それなりにかさばります。

なので、海外旅行中ずっとポケットに入れておくのは、ちょっと現実的じゃありません。

買い物中とかにサッと使いたいのであれば、ポケットやカバンに入れておくよりも 首から下げた方が全然便利。

なので、私高田の個人的な意見として、ポケトークに限らずこの手の翻訳機には、ネックストラップは必須だと思っています。

本体にストラップ穴が無い!

ところが、ポケトーク(初代モデル)には、本体側にストラップホールがありません!

ili(イリー)とか、MAYUMI マユミなどの競合製品には、最初から本体にストラップ用の穴が開いているんですが、ポケトークにはそれがないんですね・・・ ※下図は眞由美のストラップ用穴部分

これは、ポケトークの欠点のひとつ。

ただし、専用のカバーケースを装着すると、その輪っかにネックストラップをひっかけて使用することができるようになっているわけです。

ネックストラップを使用するためには、カバーケースが必要になるわけです。

正直いって ネックストラップ自体は、どのメーカーのものでも構わないと思いますが、ケース自体はポケトークの形状に合わせた専用のものを購入するしかありません。

MEMO

第2世代モデル(ポケトーク W)以降は、本体側にストラップホールが付くようになりました。

ケースの基本的な仕様

私は、初回購入特典でついてきた「黒」を使ってますが、輪っか部分の赤と黄色のラインが絶妙にダサい…。

「シリコン」といっても、いわゆる「ソフト」タイプなので ペラペラしてます。黒はホコリが目立つのも欠点。

カラーバリエーションは全5色!

専用シリコンケースは「黒・赤・グレー・青・緑」の全5色。※「黒」は現在販売されていません

「赤」は↓こちらから購入できます。

「緑」は↓こちらから購入できます。

「青」は↓こちらから購入できます。

「グレー」は↓こちらから購入できます。

関連する記事

ポケトークを購入する

「ポケトーク」シリーズは公式ストアからの購入が断然おすすめです。icon

保証延長オプションをはじめ、専用ケースや保護シールなどのアクセサリーがセットで申し込めます(↓以下から購入できますicon)。

公式ストアで調べるicon

Amazonや楽天で購入する場合は SIMの扱いや延長保証の有無などしっかり確認しましょう。

ポケトークをレンタルする

「たまにしか海外にいかないのに3万円も払えないよ~」とお考えの方には、ポケトークのレンタルがおすすめです。

単体でレンタルする!

ポケトークWを単体でレンタルしたい方は「TripFever」がおすすめ。128の国と地域で使用できる専用グローバルSIMが付属して「2日:1980円~」でレンタル可能です。

ポケットWi-Fiと一緒にレンタルする!

海外旅行向けのWi-Fiレンタルサービス「グローバルWiFi」では、オプションとしてポケトークをレンタルすることができます。レンタル料金は「800円/日(税抜)」。

関連記事 「翻訳機がレンタルできるサービスのまとめ【2019年版】」もどうぞ!

関連する記事

ポケトーク関連の記事をいくつか書いています。そちらも合わせてお読みください。

そのほかいくつかの翻訳機のレビュー記事を書いています。

POCKETALK(ポケトーク)の競合製品で、ワンフレーズの旅行会話に特化した「ili(イリー)」関連の記事も書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です