【お知らせ】「ポケトーク」シリーズに 画像翻訳機能がついた新モデル「ポケトークSicon」登場!従来の「ポケトークW」と性能を比較した記事はコチラ

【レビュー】ポケトークW専用のマイク付きイヤホンを買ってみた!

この記事ではポケトークW専用のマイク付きをレビューしています。

はじめに

久しぶりに ポケトークWの公式サイトを覗いてみたところ、知らない間にアクセサリーが充実していました。icon

以前は、ケース、 保護フィルム、ネックストラップ程度しかありませんでしたが、現在では「USB 電源アダプタ」や「クレードル(充電台)」から「海外用変換プラグ」まで、にぎやかなラインナップになっています。

ついに専用イヤホンが登場!

そんな中、一部のユーザーにとっては待望ともいえる商品が登場していたことを発見! 

それがこちら「専用イヤホン(USB Type-C、マイク付)icon」です。

以前の「ポケトーク(初代モデル)」は、本体に通常のイヤホンジャックが付属したため、一般的なイヤホンを利用することができたのですが・・・

2代目となった「ポケトークW」では、この穴が廃止され「今後は、Bluetooth対応イヤホンとかスピーカー使ってね」ということになっていました。

イヤホン愛好家にとっては、ちょっと渋い(?)モデルチェンジだったわけですが、あれから幾星霜・・・

さっそく、専用イヤホンを購入してみることにしました。

「ポケトーク専用イヤホン」の外観

で、届いたのが↓コチラ。

説明書の類は一切ありません(笑)。

取り出すとこんな感じ。

iPhone純正イヤホンを思わせるデザインです。

試しにiPhone用イヤホンと並べてみるとこんな感じ(手前がiPhone用、奥がポケトーク用)。

似てますね~。※端子が違うためiPhoneのイヤホンを代用することはできませんのでご注意ください

で、イヤホン部分はこんな感じ。iPhoneのものと同じく、耳に入る部分まで固い素材でできているタイプです。

コードの途中には こういうのも付いていますが、音量調整はできません。ただのダミーです(笑)

外側の↓この穴がマイクになっている模様です。

装着するとこんな感じ。

個人的に耳に入る部分はゴムとかにして欲しかったですね・・・

「ポケトーク専用イヤホン」を使ってみた

で、実際にポケトークに向かって話しかけ、翻訳結果をイヤホンで聞いてみました。

音質はまあこんなもの

スピーカー側の問題か、イヤホンなのか、音はちょっとこもり気味。

音量調整はポケトークW側で行いますが、私の場合、ほぼ 最大値に近い音量でちょうどいい感じでしたね。

まあ、一流演奏家の音楽を聴いているわけではないので 音質に関してはこの程度で十分で 別に問題はありません。

接続にやや手こずる

ちょっと手こずったのが、イヤホン接続時。

カバーの穴の位置が微妙な加減でズレて、イヤホンの端子がうまく接触できないらしく 音が聞こえません。

何度かカバーを付けなおして、穴の位置を修正し、ようやく無事に接続できました。

まあ、こちらはイヤホンの問題ではないのですが、直前まで 充電は普通にできていただけにちょっと不思議。

まとめ

というわけで、ポケトーク専用イヤホンのレビューでした。

ポケトークのアクセサリーも色々なタイプが増えましたね。

ポケトークw専用イヤホンを購入する

ポケトークW専用イヤホンは↓こちらから購入できます。icon

iconicon
※初代モデルには使えませんのでご注意ください

関連する記事

ポケトーク関連の記事をいくつか書いています。そちらも合わせてお読みください。

そのほかいくつかの翻訳機のレビュー記事を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です